CryptoKami - 分散リザーブシステム

世界規模の金融サービスのための、第三世代の新ブロックチェーンインフラストラクチャー

ヴィタリック・ビュテリンのDAICOコンセプトとKAICO (ヒロシ・コバヤシの、ICOのためのCryptoKamiプラットフォーム)。ICOに関与する貢献者コミュニティを強くするというもの、そしてそのために不正リスクや開発者の怠慢を減らすことなど、二者の目的は同じです。目指す場所は非常に似ていますが、両者の特徴は異なります。

パブリックプリセール終了まで

CryptoKamiとは何か?

会社や組織としてはもちろん、プロジェクトの所有者と貢献者コミュニティを効率的に保護するためには、CryptoKamiのICOプラットフォームにおいて運営される全てのKAICOが、規制上の契約によるコムリミ・アルゴリズムの強制リザーブ機構に準拠していなければなりません。

コムリミ・アルゴリズム

DAICOのTap機構とKAICO (CryptoKamiの強制リザーブ機構) の比較
詳細

オープンソースのCardano ( ステーキ・アルゴリズムの耐ウロボロス) + 強制リザーブ機構 + コムリミ・アルゴリズム ( CryptoKamiの発明) + 契約規制 ( CryptoKamiの発明 ) = CryptoKamiの第三世代ブロックチェーン

Bitcoin、 Ethereum、 Ripple、 Cardano、Stellarなどの「ブルーチップ」仮想通貨の焦点が取引処理である中で、CryptoKamiの焦点は、契約規制による強制リザーブ機構(コムリミ・アルゴリズム)を用いた、価格変動の自動規制にあります。 無法地帯となっている仮想通貨市場に、CryptoKamiの技術とKAMIトークンが、再び秩序を構築します。

KAMIトークンの自律成長エンジン

供給は2.1億KAMIトークンに制限

CryptoKamiは、契約規制によるコムリミ・アルゴリズムを基にした強制リザーブ機構の下で2.1億KAMIという限られたトークンを発行、規制します。そのため、KAMIトークンの供給は将来的に減少します。

KAMIトークンの巨大な需要

他社の金融ICO次期オーナーや、貢献者、ホルダー、トレーダー、銀行サービス利用者などのエンドユーザーは、その多くの機能を活用するべくそれぞれ希望する用途にKAMIトークンを使うことになり、それが将来的なKAMIトークンの需要拡大に繋がります。

KAMIトークンの自律成長エンジン

需要と供給の法則があるように、CryptoKamiは強い持続性を持ち、短期、中期、長期すべてに対応する、KAMIトークンの自律成長エンジンを設計しました。

登録されている企業

パブリック・プリセール

-- KAMI & KAMIs とは何か? --



パブリック・プリセールでのトークン配分

  • 2018年 3月20日 標準世界時午前11:59に開始 そして2018年 4月5日 同午前11:59に終了。また、パブリック・プリセールのトークンが完売した場合(一番可能性が高い)も終了とします。
  • 供給量の合計は 10,000,000.00 KAMIトークン + 200,000,000.00 KAMIsトークン
  • 価格: 1 ETH = 800 KAMI 又は 1 BTC = 11,000 KAMI + ボーナスとして 20 KAMIs/KAMI
  • 最低投資額: 0.3 ETH 又は 0.023 BTC
  • 最大投資額: 60 ETH 又は 5 BTC



パブリック・クラウドセールでのトークン分配

  • 2018年 4月20日 標準世界時午前11:59に開始そして2018年5月20日 同午前11:59に終了。また、パブリック・クラウドセールのトークンが完売した場合(一番可能性が高い)も終了とします。
  • 供給量の合計は 32,840,000.00 KAMI トークン + 492,600,000.00 KAMIs トークン
  • 価格: 1 ETH = 600 KAMI 又は 1 BTC = 8,000 KAMI + ボーナスとして 15 KAMIs/KAMI
  • 1アカウントにおける最低KAMIトークン: 500
  • 最大投資額: 60 ETH 又は 5 BTC
  • ハードキャップ: プライベート・プリセール + パブリック・クラウドセール = 1.100M + 10M + 49.26M = 6036万米ドル
  • ソフトキャップ: 1千万米ドル



支払い通貨: お支払いに対応している通貨は、ETH と BTC のみです。お客様の事前登録処理完了を確認次第、ETH,BTCの支払いに必要なアドレスを弊社が提示します。注意事項: ETH、BTCは、ご自身でプライベートキーをお持ちのウォレットからご入金頂きます。 取引会社からのBTC、ETHの送金はお受けできませんので、ご了承ください。


ICOがソフトキャップに到達しない場合は、貢献者の皆様へ返金致します。

ボーナスの推移



沿革と展望

2017
  1. ブロックチェーン業界の分析。
  2. ブロックチェーンインフラストラクチャーを基に、世界経済の研究、開発。
  3. Ethereum、lota、Cardano、Ripple、Stellar、Neo、IBM、Microsoft、Oracleのブロックチェーンを研究。
  4. ベースにCardanoのオープンソースを選択。
  5. CryptoKamiの2つの発明。契約規制を通じ、コムリミ・アルゴリズムを基にした強制リザーブ機構。
  6. システムのコンセプトと、CryptoKamiの第三世代ブロックチェーンのアーキテクチャを開発。
  7. ユーザー、他プロジェクト運営者向けにウェブサイトを開発。
  8. 弊社ICOへの仮想通貨(BTC、ETH、BCH)による支払いを受け取るためのウェブウォレットを開発。
  9. DDOS攻撃 + セキュリティ保護。
  10. 白書を完成。
January 2018
  1. CryptoKamiのブロックチェーンネットワーク ver 1.0の開発開始。
  2. CryptoKami開発者コミュニティを設立。
  3. スポンサー様と契約。
  4. ウェブサイト、トップページを完成。
February 2018
  1. ウェブウォレットが完成。
  2. プロモーションと賞金プログラム
  3. CryptoKamiの貢献者コミュニティを設立。
  4. ICOキャンペーンを開始。
March 2018
  1. ICOキャンペーンの実施中。
  2. テストネットの起動。
April 2018
  1. ICOキャンペーンの実施中。
  2. CryptoKamiの第三世代ブロックチェーンインフラストラクチャーにおける契約規制を介した、強制リザーブ機構による先物取引を開発するための戦略パートナーを獲得。
May 2018
  1. ICOキャンペーン終了
  2. CryptoKamiでICOを実施しようとする第三者金融機関への、エンドユーザーによる投資が可能に。
  3. 契約規制によりコムリミ・アルゴリズムを基にした強制リザーブ機構での「ブルーチップ」通貨の先物取引を始動。
  4. 大規模なマーケティングを実施。
  5. iOS/Androidのウォレットをリリース。
June 2018
  1. 仮想通貨目録、コインマーケットキャップへの掲載、仮想通貨取引所への掲載(Cryptopia、YoBit、Gate.io、Kucoin.com、Livecoinなど...)
  2. CryptoKamiブロックチェーンネットワーク1.0ベータの始動(KAMI ブロックチェーンエクスプローラー)。
  3. KAMIステーキングの開始。
  4. CryptoKamiブロックチェーンネットワーク2.0の開発開始。
  5. 契約規制を介したコムリミ・アルゴリズムによる強制リザーブ機構を用いる仮想通貨クロスチェーン取引を始動。
August 2018
  1. Visa/MasterCardによる仮想通貨支払いに対応。
  2. 外部金融機関向けのAPI + SDK + 文書を完成。
October 2018
  1. 大規模なマーケティングを実施。
  2. 大規模なメディア活動を実施。
December 2018
  1. 複数の取引所に登録。
  2. エンドユーザーのためのベータ銀行サービスを実施。
January 2019
  1. 契約規制を介したコムリミ・アルゴリズムによる強制リザーブ機構を用いて、銀行サービスを実施。
  2. 仮想通貨デポジット。
  3. 仮想通貨レポクレジット。
February 2019
  1. クロスチェーン支払い。
  2. 仮想-法定通貨間の支払い。
  3. CryptoKami 2.0 ベータ。
March 2019
  1. CryptoKami2.0公式リリース。
  2. 大規模なメディア活動を実施。
  3. 大規模なマーケティングを実施。

KAICO と DAICO




小林裕士 - こばやし ひろし

KAICOのコンセプト : 2017年の始め、CryptoKamiの立ち上げ時から


貢献者を保護し、ICOコミュニティへ出資を呼び掛けるプロジェクトオーナーのモチベーションの維持が重要な課題ですがそれ以上に、プロジェクトのライフサイクル全体の保護と紐づけ機構が重要です。




ヴィタリック・ビュテリン

DAICOのコンセプト: 2018年の始めから


貢献者の資本を保護、増加させ、ICOコミュニティへの出資を呼びかけるプロジェクトのオーナーのモチベーションを、キャンペーン期間中はもちろん終了後も、総投資額がプロジェクトのために使い切られるまで、またはスマート契約とDAO投票システムのタイミングの法則に従って維持します。

世界初、CryptoKamiブロックチェーンのKAICO

FUTEX.IO

BITCOIN先物取引
米国以外の投資家向け、人気の防衛的投資チャンネル


世界初、CryptoKami ICOプラットフォームのKAICO - FUTEX - Bitcoin先物取引 - 世界中の、米国以外の投資家向け、人気の防衛的投資チャンネル。

KAICO - CryptoKamiのICOプラットフォームは、ICO処理全体とプロジェクトの資金調達の全自動化という技術的ソリューションだけでなく、KAICOソリューションによるプロジェクト全体を通じて、プロジェクト・オーナーと貢献者コミュニティを保護します。

FUTEXは、KAICOを適用したCryptoKami最初のプロジェクトです。

FUTEXのKAICO詳細プランは、4月にリリースします。

FUTEXに関する白書 : 4月に公開予定。

KAICOの売買 : KAMIで40%、Bitcoinで30%、Etherで30%。

対応する取引所

第一段階

スマホアプリ

近日公開

ライブラリ - SDKとAPI

Alternate Text

弊社の多機能、簡単に使いこなせるSDKは親切な解説付き。CryptoKamiプラットフォームでICOを実施するCryptiKamiの外部パートナー金融機関(CFIA)向けに、あなたのアイディアを非常にスムーズに(SAFT - トークンセール・フレームワーク準拠)実現するためのツールです。

コミュニティ

  • 開発者
  • 賞金
  • 投資家

提携予定

報道実績

よくあるお問い合わせ

+
CryptoKamiブロックチェーンプロジェクトの基礎的なアイディアは何ですか?

 主要なブロックチェーンは全て、取引処理に注力しています。速さ、コスト、安全性、エネルギー消費などの課題を解決するためです。しかしそれらを改良しても、各国政府の方針や風説により変動する仮想通貨の価値を保護することにはつながりません。それこそが、仮想通貨市場の脆弱性です。何故、こんなことになるのか?それは現在、仮想通貨を科学的に規制するものが存在しないからです。
 それゆえ、第三世代のブロックチェーンシステムを開発するためにCryptoKamiが誕生したのです。その使命は、サードパーティの金融ソフト、エンドユーザーに経済システム・インフラストラクチャーを提供すること。この経済システムが、真に豊かで、パワフルな仮想通貨、KAMIトークンを作り出します。同時に、その経済システム内に流通するKAMIトークン量は、契約規制(CryptoKamiの発明)を介し、コムリミ・アルゴリズム(CryptoKamiの発明)を通じた強制リザーブ機構によって調整されます。ここでCryptoKamiは、アメリカ商業銀行におけるドル流通を調整する、連邦準備制度に似た手法を用います。サードパーティ金融ソフトにより、KAMIトークンの供給、制限を行うのです。
 取引され、流通するKAMIトークンは風説や政府の方針・法から保護されます。KAMIトークンの供給は自動的に調整されるので、供給の伸びは需要の伸びより常に遅く、需要と供給の法則が価値に正しく反映されます。この自律成長エンジンが、成長を長期的に持続させ、風説、操作、ポリシー、政府による規制に対する市場の脆弱性を減少させるのです。
 CryptoKamiによる、エンドユーザー、サードパーティなどのための発明が、市場の既存ブロックチェーン・システムの強み、弱みにテコ入れします。仮想通貨市場はまだ創世記の段階であり、荒野のような産業です。しかしこれから脆弱性は減り、さらに持続的な開発が進み、繁栄することでしょう。

+
CryptoKamiの市場ターゲットとなる国は、どこですか?

アメリカ、韓国、中国、カナダのようにICO投資が禁止されている国以外、全ての国をターゲットとしています。

+
本社所在地は?

日本、キプロス、そして世界的な開発者コミュニティです。

+
KAMIトークン保有者に対して、CryptoKamiは何を提供しますか?

KAMIステーカーは年間最大10%受け取ります。

+
CryptoKamiのビジネスモデルは?B2B、それともB2Cですか?

B2B、B2C両方です。

+
KAMIトークンの売買方法は?

購入はプライベート・プリセール又はクラウドセールのICOで
ICO後は仮想通貨取引所で売却できます。

+
コムリミ・アルゴリズムとは?

コムリミ・アルゴリズムはCryptoKamiが開発しました。強制リザーブ機構は、契約規制(CryptoKamiの発明)を介したコムリミ・アルゴリズムで実行されます。コムリミ・アルゴリズムと契約規制はCryptoKamiの第三世代ブロックチェーンのコアとなる技術であり、重要な特徴です。このコア技術により、CryptoKami経済システム内で循環するKAMIトークンの需要と供給を自動的に調節します。

+
CryptoKamiがCardanoの次のステップだと言うのは何故ですか?

 CryptoKamiブロックチェーンは、Cardanoのオープンソースを基にしています。 CardanoのPOSオープンソースの強みを受け継ぎ、オンチェーン、クロスチェーン取引処理に活かしています。同時にCardanoのブロックチェーンを改良する2つの発明がありました。これにより、CryptoKamiのブロックチェーンの、金融ソフトの経済システムで流通するKAMIトークンの需要と供給のさらなる調節が可能になりました。

オープンソース Cardano (ステーキ・アルゴリズムの耐ウロボロス) + 強制リザーブ機構 + コムリミ・アルゴリズム (CryptoKamiの発明) + 契約規制 (CryptoKamiの発明) = CryptoKamiの第三世代ブロックチェーン・インフラストラクチャー

+
例えば今日、KAMIトークンに投資したら、将来的な成長予測はどうなりますか?

 今後の成長率グラフを視覚化したいなら、まずは信用と、需要と供給の法則に支配された仮想通貨の秘密を理解しなければなりません。(白書 - 第6章) この大規模な需要はKAMIトークンの短-長期の成長を引き起こします。弊社ではこれを、KAMIトークンの自律成長エンジンと呼びます。

外部金融機関向け

  • 強制リザーブ機構による「ブルーチップ」コイン先物取引の開発、始動。
  • 強制リザーブ機構による仮想通貨のクロスチェーン取引の開発、始動。
  • 強制リザーブ機構によるバンキング・サービスの開発、始動。
    • 仮想通貨デポジット
    • 仮想通貨レポクレジット
    • クロスチェーン支払い
    • 仮想・法定通貨間取引
エンドユーザー向け
  • 強制リザーブ機構によるCryptoKamiのICOへの投資。
  • CryptoKamiでICOを立ち上げる、第二、第三の外部金融機関への投資。
  • 強制リザーブ機構による、CryptoKamiの「ブルーチップ」先物取引。
  • 強制リザーブ機構による、仮想通貨のクロスチェーン取引。
  • ステーキング
  • 強制リザーブ機構による、CryptoKamiのバンキングサービス。
    • 仮想通貨デポジット
    • 仮想通貨レポクレジット
    • クロスチェーン支払い
    • 仮想・法定通貨間取引
注意事項 : 他社の金融ICO次期オーナーや、貢献者、ホルダー、トレーダー、銀行サービス利用者などのエンドユーザーは、その多くの機能を活用するべくそれぞれ希望する用途にKAMIトークンを使うことになり、それが将来的なKAMIトークンの需要拡大に繋がります。しかし、KAMIトークン数は2.1億トークンに限られており、全てのKAMIトークンの流通は強制リザーブ機構により規制されます。そのため、KAMIトークンの供給量は減少していきます。需要と供給の法則があるように、CryptoKamiは強い持続性を持ち、短期、中期、長期すべてに対応する、KAMIトークンの自律成長エンジンを設計しました。

+
CryptoKamiプラットフォームとKAMIトークンが、仮想通貨革命の第四段階になるのは何故ですか?

 CryptoKamiは、分散リザーブシステムです。 CryptoKamiプラットフォームはEthereumのように作られましたが、ICOを始動し、CryptoKamiのPOS ブロックチェーンを基にKAMIトークンを用いて運営する金融サービス機関に限定しています。さらにCryptoKamiは、システムのKAMIトークンをアメリカの連邦準備制度(FED)のように分配、調節しています。これは契約規制(CryptoKamiの発明)を介した強制リザーブ機構(コムリミ・アルゴリズム - CryptoKamiの発明)を基にしており、これにより金融サービス組織はCryptoKamiプラットフォームをベースに運営し、システムの商業銀行のような役割を果たします。
 CryptoKamiプラットフォームは、契約規制を介した強制リザーブ機構(コムリミ・アルゴリズム)によって2.1億KAMIトークンを発行・規制し、 その様々な機能に対する様々な需要に対応します。Bitcoin、 Ethereum、 Ripple、 Cardano、Stellarなどの「ブルーチップ」仮想通貨の焦点が取引処理である中で、CryptoKamiの焦点は、契約規制による強制リザーブ機構(コムリミ・アルゴリズム)を用いた、価格変動の自動規制にあります。 無法地帯となっている仮想通貨市場に、CryptoKamiの技術とKAMIトークンが、再び秩序を構築します。

+
テクニカルサポートの応答は迅速ですか?

はい、もちろんです。弊社のテクニカルサポートは24時間年中無休です。貢献者や、パートナーのウォレット、デポジット、取引、セキュリティなどに関連する問題は全て、CryptoKamiのプログラマーと、開発者コミュニティが迅速にサポート致します。

+
CryptoKamiはどこのサービスですか?

弊社は技術とブロックチェーンの専門家グループであり、日本発の金融組織です。

+
開発者チームが匿名なのは何故ですか?

Bitcoinや他の仮想通貨同様、開発者チーム、ユーザー、貢献者が匿名であることにより、国によって異なる法に拒絶されるリスクを回避できます。持続性、リベラル、民主性は分散されたコンセンサスによって成り立ち、それがCryptoKami経済システムの全ての参加者に利益をもたらします。

+
2017年12月に、CryptoKamiのドメインが新しくなったのは何故ですか?

弊社は2017年の始めに違うドメインでプロジェクトを始動しましたが、CryptoKami.comというドメイン名の方が妥当であると判断し、2017年12月に変更しました。

+
KAMIとKAMIsの違いは何ですか?

KAMIトークンとKAMIsは異なります。

  • KAMIトークンは、CryptoKamiシステムでの支払いに使われる通貨です。( 白書、第10章)

     KAMI (Kamiトークン)はスタンドアロンのブロックチェーン・トークンであり、分散取引のためのオープンプロトコルです。他のプロトコルと組み合わせることで制御を洗練し、成長させる、基本的なブロックとしての用途が期待されています。これによりKAMIトークン保有者は、資産の価値に関連するタグにアクセスすることで、ポートフォリオを多用にすることが可能です。資産保有者は、KAMIトークンにより、資産カードを作成、売却又は借入ることで価値のある資産をアンロックすることができます。
     プラットフォームは資産の流動性と透明性を延長し、取引費用を削減します。KAMIトークン所有者に、複数の資産クラスに渡り、KAMIトークンの契約、管理規則および開示に従って、KAMIトークンの保有者に対して複数の資産クラスにわたる検出と多様な価格を提供することで、第三者の通知の作成または掲載ができるようにします。

  • KAMIsの用途 ( 白書、第17章 )
  1. システムがKAMIトークンだけを賞金プログラムに用いる場合、インフレが加速します。KAMIsは、インフレを阻止するため、賞金プログラム用に開発されました。
  2. 優先株に対する配当と同様。配当は比率に応じて計算され、議決権はありません。
  3. 四半期ごとの支払い (KAMIが割引されれば短縮される場合があります。)
  4. 10億KAMIsは、ステーキの20%と同等です。(4ブロック)
  5. KAMIプロジェクトのための投票権、問題への意見(市場う調査の情報など、..) - KAMIsを使って効果的な意見、投票を多数行った場合、KAMIsが報酬として与えられます。
  6. 経済システムの紹介、接続、開発。提携企業、開発チーム、投資に値する良いアイディアを持つスタートアップなど、ブロックチェーン・コミュニティーの関係や資金調達の将来像の一部。リーダーはKAMIsでビジネスの提案をします。もしKAMIチームがポテンシャルを見出せば、ステージの価値を基にした相対的な予算がKAMIsで与えられ、提案は出費として計上されません。
  7. KAMIs所有者はリーダーアカウントを持ち、これは貢献者アカウントよりもさらに多くの機能を有します。情報ゲートウェイの開発、交換、交渉、ソーシャルネットワーク開発インターフェースの外観など。
  8. KAMIのステーキ -> KAMIとKAMIs、KAMIsはアカウント間で取引できます。
  9. 保有するKAMIs数によって、リーダーの業績と信頼性を見積もることで、長期的な貢献者が見込めれば、さらに分類して利益を上げることができます。
  10. KAMI以外の次期ICOをサポートするために、契約規制への支払いにKAMIsを使うことは、KAMI以外のコミュニティの同意が必須であり、それは利益がKAMIsから他のICOトークン群に流出するということです。
     例えばAさんが次のICOを企画したい場合、契約規制を基にしたAトークン(仮想通貨)というパッケージが必要です。そしてAトークン(トークン統一の同意) に 1000KAMI +> 1000KAMIsの費用が必要となる場合、Aさんは、コミュニティ貢献に必須である900 KAMIsから1000KAMIを購入することが可能です。これは 1 / x もの誰も所有しないトークンと同等です。すなわち、900 KAMIsは、トークンによってトークンと同等の価値を変換するものです。彼の次のICOによって、Aトークンが統一されたのです。 これは子ICOとでも言うべき、コミュニティからのサポート、レビューと同様に所有権の移譲であり、それらを実現できない、又はAさんのポリシー、市場競争力が弱すぎる場合は、次のICOリリースの根拠になりません。

トークンとしての KAMIs

  1. 10億トークンは、配当優先シェアの20%と同等。
  2. 供給を循環させるための取り組み:
  • 最初の20ラウンドで、2.5億KAMIs。
  • ソーシャルメディアコミュニティー開発時の賞金。
  • KAMIとKAMIsを獲得するため、KAMIをステーキする。

ファンの方による動画












オンラインユーザー 人とチャット